鬱病生活記

 表紙
 目次
 はじめに
 第一章

 第二章

 第三章

 第四章

 第五章

 第六章

第三章 鬱病者としての日々

3.孤独に未来へ活動

<前へ> P.100 <次へ>


8月13日(木) 16:30頃

【人生の方向転換開始】

現在、大胆にそして生産的な自身の方向転換の為、マルチタスクで色々な事に挑戦しようと決意し、行動しようと考えています。

ちょっと忙しくなりそうなので、日記と言う活動は停止して、ここには、気ままに、私の生活に変化後起きた時や、何か書きたくなった時に記載する事にします。

私は、少し孤独な生活になりますが、決して後ろ向きでない、私を私として生かす為の活動ですので、変な勘ぐりをしないように。
(自殺なんて、とうの昔から、もう考えていませんから。)

少しばかり、自分の可能性を試してみたいのです。
確かに、生活サイクルが狂い『生活習慣病』であり、取り合えず診断された『鬱病』の気も帯びたままです。

けれども、これは人間として、私として、決して「病気だから。」と言って甘んじることの出来る状況とは考えていません。

これまで大分時間を費やしましたが、これから漸くは、あまり未来の事まで心配せずに、それなりに日々を楽しめる感じになりそうです。
陳腐な言葉になりますが、“チャレンジ”と言う事になります。
失敗しようが、成功しようが、それはそれ。その時考えます。

それでは、気が向いたら次のページが出来ますので、もし、このホームページを楽しんでいる方がいらっしゃいましたら、更新速度が遅くなり申し訳なく思っております事を、お伝え致します。


<前へ> P.100 <次へ>