鬱病生活記

 表紙
 目次
 はじめに
 第一章

 第二章

 第三章

 第四章

 第五章

 第六章

第二章 精神病院での入院暮らし

2.現実への対峙

<前へ> P.41 <次へ>


【マンションベランダの鉢植えと彼との約束】

そんな感じで、私は外泊後の数日間を過ごしていた。

仕事もせずにこんな所で遊んでいる自分に、少し罪悪感を感じながらも、今はこの環境から脱せない事実に半ば諦めと、そして、ここの心地よさを満喫し、気を紛らわせていた。

しかし、そんな中でも、彼との話が結論付か無かった事、そして、何よりこのところの晴天で、「マンションのベランダにある鉢植えに水をやらねば。」との思いが、頭の片隅にあった。
父は、もうマンションに居ない。
そこで、私は彼の職場の昼休みの時間帯に、彼へ電話をし、「明日は休日だし、今夜は家に戻ってきてくれ。そして、鉢植えに水を与えてくれ。」と連絡した。
彼は、「あなたの父親が居られるように、マンションに帰らないようにしている。」と建前を言っていたので、その建前が崩れた以上、これを了承するしかなかったのだろう。「分かりました、今日はマンションに戻ります。」と約束をして電話を終えた。

それでも鉢植えの事が気になり、私はこの日、単独外泊の特権を利用し、マンションに立ち寄り、植木に水をやると共に、帰ってくるだろう彼に対して、「戻ってきてくれて有難う。」と言う手紙を机の上へ置いて、病院へと帰った。

さて、その翌日も、これまた日差しの強い晴天だった。
この日(祝日で彼も仕事が休みの日)も、私は皆とワイワイ楽しんだ。皆と言うよりは、主に『ゆきさん』の相手をしている時間が殆んどだったのだけれど。


<前へ> P.41 <次へ>